ホーム>オーストリッチ

オーストリッチ

オーストリッチについて

 

オーストリッチとは駝鳥(ダチョウ)のこと。鞄、財布、ベルトなどに使われており、革の貴婦人といわれ、世界中のデザイナーの注目素材としても知られています。皮の表面に見られるイボ状の突起(クイルマーク)が特徴です。このクイルマークはダチョウの身体の40%を占めています。

皮革として高価とされているのがこのクイルマークのある背中の部分で、クイルマークの良し悪しと数で価格が決まります。クイルマークの列が揃い大きく盛り上がったもの、クイルマークの数、傷の無いものほど高価と言われています。

この他にネック(首)やレッグ(脚)などがあり作る製品により部位の選定を行います。

染色

単色染め

現存するあらゆる色の染色が可能です。代表的な色は黒、茶、チョコですが、個性的な方にも好まれる色を取り揃えております。

有情染め

伝統産業の備後絣の製造者が、在庫として抱えていた色を使い偶然出来上がった同時多色染めで、色の濃淡、重ね塗り部分の陰影をアーティスティックに表現する事に成功した日本初の染色法。
より個性的でより繊細で人とは違う高級品を求めている方に喜ばれています。

製法

無双

ベルトや財布などで商品の表面にも裏面にもオーストリッチを使用した造りのことです。本無双は大きな一枚の革で包むようにして作る方法で接ぎ目をほとんど見せないように出来ています。張無双は革を張り合わせて作る方法です。

キルティング

鞄・ベルト・財布などの表皮にオーストリッチの形や色の異なる革を重ねてパッチワークやステッチングを施し作る方法です。
洋服や毛布などに用いられる製法ですが、オーストリッチの革で作ることでより立体感の出る仕上がりになります。
 

お手入れについて

普段のお手入れ

普段は柔らかい布で乾拭きしてホコリを落とす程度で十分です。湿度の高い場所に保管するとカビが生える恐れがあります。汚れを落とし、乾燥剤等を入れて、湿度の低い場所に保管してください。防虫剤は変質する恐れがありますので使用しないでください。

取り扱いのご注意

水に濡れますとシミになりますので十分ご注意ください。
濡れてしまった場合には出来るだけ早く乾いた布やティッシュペーパーなどで水分をふき取って、吸水性のある紙類をつめて陰干しするようにして下さい。直射日光やドライヤーなどの高温での乾燥は厳禁です。

Page Top